2010年11月18日

牙狼‐GARO‐(雨宮慶太)

2005年(平成17年)10月7日から2006年(平成18年)3月31日までテレビ東京系列で全25話が放映された、特撮テレビドラマ作品。
はるか昔から人の欲望に憑依し、現世に災いをなしてきた「ホラー」という魔物たちと、黄金の鎧を纏う魔戒騎士・鋼牙が戦う。

劇場版を観たので振り返ってみた。

改めて思うことは、『牙狼‐GARO‐』は、鋼牙が「ヒーローになる」物語だったのだということだ。

はじめ、鋼牙はカオルを(何か魅かれるものはあるにせよ)ホラー狩りの餌と見ている。
この時点での鋼牙の目的は、父親を殺したホラーを狩り、復讐することのみにある。
そのためには弱者を利用し、切り捨てて顧みない。
たしかに鋼牙は1話目から強く、格好いい。しかし、復讐という私欲にとらわれている点で、ホラーどもと同じ位相にあるともいえる。
これではさすがにヒーローとはいえないだろう。

そんな鋼牙が、戦いを通じて、カオルとの交流を通して、少しずつ変わっていく。
つまり、カオルを守り、その他の命も守るという姿勢に変わっていく。
これによって、鋼牙は魔物たちとは次元の違う存在になっていくのだ。
自分の欲を満たすのではなく、弱者への責任を感じ、守り続けようと戦う、挑戦し続ける者、それこそがヒーローといえるだろう。

……か? 人間、そんなに強くあり続けられるものだろうか?
ラストシーンで、鋼牙はカオルの描いた黄金騎士の絵本の結末を見る。何が描いてあったのかは描かれない。
戦いを終えた騎士の安らぎなのか、果てしなく続く戦いなのか、それは分からない。

それを見た鋼牙は、一滴の涙をこぼす。
何が描いてあったのかは分からないが、なぜ鋼牙が涙をこぼしたのかは分かる。

それは、「ヒーローであることが辛い」ということだ。
辛かったし、今も辛いし、これからも辛いだろうということだ。
全編をとおして硬い表情を崩さない(一度も笑わない)鋼牙がずっと抑え込んでいたのは、こういうことだったのだ。
それはそうだろう。超人的な戦闘能力をもつ鋼牙だが、ホラーを倒すためには、90秒間、鎧の力を借りなければならない。
超人的ということと、実際に超人であることは違う。
あくまで人の範疇にある鋼牙が、あらゆることを耐え忍んで、GAROとしての自分を保っているだけなのだ。
鋼牙はヒーローそのものではない。ヒーローになろうとしている者、ヒーローであろうと願っている者だったのだ。

そして、弱者への責任、「ヒーローであることが辛い」という自分の弱さまでも含みこんで、それでも新たな戦いに臨んでいく決意をしたとき、鋼牙はヒーローになったのだ。


そこから先は、我々の物語である。(イワン)
posted by SIZ at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

バンド・オブ・ブラザース(トム・ハンクスほか)

(この記事は2005年3月28日に書かれました)

(ストーリー)
第二次大戦のヨーロッパ戦線。米陸軍第101空挺師団506パラシュート歩兵連隊内のエリート集団「E中隊」の結成・訓練〜終戦までの苦闘と栄光を描く。


 『プライベート・ライアン』後のハンクス&スピルバーグがつぎに企画した戦争もの。原作の映画化を諦め、巨額をつぎ込みながらTVで全10話10時間でやる、というところがほかではありえないだろう。『フィールド・オブ・ドリームス』のフィル・アルデン・ロビンソンなども参加しているようだが、ハンクス自身メガホンを取っている。

 その第5話もなかなかよかったが、ちょっと他と変わっていて個人的に一番気に入ったのは、中盤の第6話『衛生兵』である。全体の要である中盤、それも最大の死闘となるバルジの戦い〜バストーニュの森での雪原の死闘での一エピソードながら、最前線で医療に奔走する一人の衛生兵という非戦闘員の視点から描いている。運びのタッチも大激戦なのにどこか静謐な感じがすると思ったら、『スカートの翼ひろげて』のデヴィッド・リーランドだった。イギリス人というか欧州人らしさを感じなくもないのである。衛生兵はひたすら前線で、爆弾をよけながら塹壕から塹壕へと滑り込み、隊員たちに「モルヒネはないか?」と聞いて回る。慢性的な医療品不足で、特に必需品のモルヒネを少しでも確保したいのである。

 そんなじつに地味な話を、この大激戦の最中を描く道具立てとしてもってくるセンスが結構気に入ったのであった。また実際ほかの回と違って、あきらかにこの回だけ独特の時間が流れており、それだけまた味わい深いのである。(R)
posted by SIZ at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

24 シーズンV

(この記事は2005年1月24日に書かれました)

(ストーリー)
ウィルス兵器がアメリカにばらまかれるという情報が入り、CTUのジャック・バウアーやデイビッド・パーマー大統領が奮闘する。


 アメリカのドラマシリーズ。第三作目。

 とにかく面白い。

 第一作目を見終わったとき、確かに面白いが未消化なエピソードも多いし、つじつまの合ってない部分もあるし、人間関係のごちゃごちゃが鬱陶しいしで、まあまあだなと思った。またリアルタイムストーリーである必然性にも薄く、脚本も行き当たりばったりな感じがしたので、第Uシーズン以降に期待をしようとは思わなかった。

 第Uシーズンがビデオ屋に並んだときも、核兵器によるテロというありがちな設定も個人的にはうんざりだったし、それほど期待したわけではない。しかし第Uシーズンはかなり完成度が高くて、とにかく感心した。特にエンターテイメントとしてのクオリティを落とすことなく、社会批評(とりわけブッシュ批判)としても成立しているところは本当に感心した。前半と後半で話を切り分けているところも成功したところだと思う。

 第Vシーズンになって今度は殺人ウィルスがネタになっている。第Uシーズンに続きこれまたありがちな話だし、色々と設定に無理があったが前二作に比べて一番面白かった。

 話がどうこうというより、とにかく感心するのは主人公のテロ対策ユニットの捜査官ジャック・バウアーとデイビッド・パーマー大統領の人物像である。どちらも極めて頭が良く、自分のすべきことに対し全身全霊を傾けて行うという姿勢に好感を持つ。多数の人々を救うためならば、手段を選ばないというあり方はぼくには出来ないし、そばにいたら嫌だが、非常時や人のうえに立つ人間には必ず求められる姿勢である。よく日本のアニメや映画では(それこそ『エヴァンゲリオン』のように)散々やることやったうえでうじうじ悩んでみたり、わめいてみたりするやつが描かれるが、ぼくはああいうのが大嫌いで、そんなに泣いたりわめいたり怒ったり悩んだりするくらいなら最初から何もしなければいいのだとよく思う。それに対したとえ無実であろうが、自分の親しい同僚であろうが、多数に人の命がかかっている場合にはためらうことなく殺すというリーダーや非常時に求められる人間をしっかり描いたことはホントに凄いことだと思う。同僚を射殺し、罪無い女の子を人質にするという手段を選ばないジャック・バウアー捜査官はそれゆえに、怖がられ、別の同僚からは「あなたはマシーンだ」と言われ、それでも無表情に仕事をこなす。全てが解決して独りになったとき、ジャック・バウアーは自分の車の中で思わず嗚咽する。キファー・サザーランドのその迫真の演技には思わずこちらまで胸が痛くなった。

 感傷的な演出はほとんどない。にもかかわらず、キファー・サザーランドの目尻の皺さえもが何かを物語っているように見える。語られる言葉は少ないにもかかわらず、そこに多くの物語を読むことができる。とにかくすごいドラマであった。(A.I.)

posted by SIZ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

24 シーズンU

(この記事は2004年4月22日に書かれました)

(ストーリー)
こんどはLAに核爆弾が仕掛けられているということでみんなが頑張る。


 前作の事件は大統領候補暗殺という意外にしょぼいものだったが、今回は核爆弾である。核を使うのは今までも散々やられ過ぎていてどうかと思うところがあって、だから前作の意外とみみっちい設定が気に入っていたのだが、見ている分にはスケールが大きくなっているだけこっちのほうが面白いようだ。

 前作で感心したのは大統領候補のパーマー上院議員が黒人で裕福で円満な家庭という設定なのに対し、CTU(テロ対策ユニット)のジャック・バウアー捜査官の家庭は崩壊一歩手前で踏みとどまっているというところだった。ここまでは如何にも黒人視聴者にも配慮したのだろうというところが分かるのだが、最終的にはパーマー一家は離散、バウアーの一家は家族の絆を取り戻すというところが嫌らしい。

 で、シーズン2になってもちらほらと家族の話が出てきて、それがドラマに厚みを与えているように見える。今のところは大変面白い。

 このドラマが面白いのは主役のパーマーとバウアーが正義の味方であり、極めて有能ではあるものの、どこか人格的にヤバイところがあるというところに由来している。バウアーは目的のために手段を選ばないし(人質が殺されようがお構いなしだし)、パーマーはブッシュなんかより何十倍も優れた大統領に見えるが、あまりに厳格すぎてちょっと怖い。しかし人の上に立つ人間というのはこうあるべきなのだろう。この調子でつづきも頑張ってほしい。(A.I.)

posted by SIZ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

24(スティーブン・ホプキンス)

(この記事は2004年4月4日に書かれました)

(ストーリー)
アメリカ史上初の黒人大統領候補が暗殺されるという情報を入手し、CTUのジャック・バウアーがその犯人を追いかける。


 まず大統領候補暗殺予定日の一日をリアルタイムで再現するという発想が素晴らしいと思う。おかげで見るのにも24時間掛かるわけで、お互い大変な時間と労力が必要になるわけだが、しかし事件自体の進行速度は大変速いので退屈することは全くなかった。少なくとも午後6時くらいまでの展開はかなり面白かったと思う。しかしずっと見ていると、どうやら脚本のほうも結構行き当たりばったりなんだということが見えてきて、最後に判明する内通者にしても、いやいやそれはないだろうとツッコミを入れたくなった。

 確かに楽しめるし、セカンド・シーズンにも期待を寄せているが、ドラマシリーズというのはどんなに面白いものでも尻すぼみになるのだなあ(Xファイルもそうだしね)と改めて実感させられた。(A.I.)

posted by SIZ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。